大阪府空手道連盟

大阪府中級障がい者スポーツ協会指導者養成講習会の案内


大阪府中級障がい者スポーツ協会指導者養成講習会の案内です。
受講者は、(公財)日本障がい者スポーツ協会公認の中級指導員として資格申請ができます。
(公財)日本障がい者スポーツ協会は全空連の全日本障がい者大会の後援団体です。
興味のある方は是非受講下さい。

開催日:2018年(平成30年)8月11日、12日、19日、20日
会場:ビッグアイ 11日、12日、20日、ファインプラザ大阪 19日
申込期間:~7月10日(火)
申込先:590-0137 堺市南区城山台5丁1-2 大阪府立障がい者交流促進センター内
大阪府障がい者スポーツ協会 小西宛

以下は、協会に質問したことに対しての回答です。
> 1.各地域ごとに障がい者スポーツ指導者の登録者数のデータはありましたが、空手競技指導者に関するデータはございませんか?

障がい者スポーツ指導員は、競技の専門の指導者という位置づけではなく、障がいのある人のスポーツを様々な角度からサポートをしていく資格になります。
ゆえに空手競技指導者での登録者はおられません。
ただ、様々な競技を専門としておられる方はたくさんおられ、障がい者スポーツ指導員として個々に自分の専門性を生かした活動をしておられます。
例えば、「陸上専門の指導者が、障がいのある人の陸上クラブを運営され、選手を輩出されている」「水泳を得意とする指導員が、教育活動の中でプール入水の制限を受けているような重度な障害のある子どもの水泳教室を行っている」などです。
専門競技をもたれない方も、障がいのある人が楽しむ障がい者スポーツの練習会のサポートや、大会のサポートなどをして下さる方もあります。
指導者として、何を目標に活動していくのかは個々に任せられているような状況とも言えます。

> 2.中級資格を取得した場合、空手競技指導者として登録されて指導者派遣依頼が来る可能性があるということでしょうか?
> (例えば、中学校体育授業武道必修化に伴う、支援学級者への武道指導者として依頼が来るなど)

日本障がい者スポーツ協会に中級資格取得者として登録を行うと、居住都道府県の障がい者スポーツ指導者協議会にも登録することになります。
大阪は「大阪障がい者スポーツ指導者協議会」になります。この指導者協議会に、指導員派遣依頼が来れば、派遣内容にあった指導員を派遣するということも行われております。
また大阪は、当協会でも指導員の個人意志で登録をしていただく機関があり、当協会に派遣依頼が来た時には、その派遣内容に応じた専門の指導員を派遣させていただいております。
空手に特化した登録等はございませんが、障がいのある人が、空手をしたいと思った時に、中級障がい者スポーツ指導員の資格を取得していただいている指導員さんがおられれば、より安心して空手を始められるのではないかと思われます。
また、これから支援学校のスポーツのサポートを活発に行っていくとの行政サイドの答申も出ており、今からどのような形で、障がい者スポーツ指導員の活動が広がるのかは未知数と言っても過言ではございません。
東京オリンピックに空手が正式種目として入り、障がいのある人も空手に興味を持つ方が増えるのではないかと思います。どうか、そのような方たちの希望をかなえていただくために、ご尽力いただきましたら幸いです。

大阪府立障がい者交流促進センター
(ファインプラザ大阪)  小西治子
〒590-0137 堺市南区城山台5-1-2
℡072-296-6311 Fax 072-296-6313
e-mailは添付ファイルに記載

添付ファイル(大阪府中級障がい者スポーツ協会指導者養成講習会2018.pdf)